三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードとは?クラシックカードAとの違いはなに?

三井住友から発行されている三井住友VISAクラシックカード。

ステータスカードなのに年会費が安いことから人気があります。

それだけでなく、条件を満たせば実質無料で使い続けていくことができてしまうんです。

そんな三井住友VISAクラシックカードを手に入れたいと思っている方もいるのではないかと思います。

三井住友VISAクラシックカードにはどんな特徴があるのか見てみましょう。

 三井住友VISAクラシックカードってどんなカード?

それではさっそく、三井住友VISAクラシックカードについてご説明していきますね。

カードの詳細は以下の通りです。

年会費 1,250(税抜)

※条件を満たしている場合は無料

申込資格 18歳以上の方(高校生不可)
追加カード ETCカード・家族カード
ポイント還元率 0.5%1.0%
付帯保険 海外旅行傷害保険

ショッピング保険

利用限度額 最大80万円

では、三井住友VISAクラシックカードにはどんな特徴があるのか見てみましょう。

 初年度無料!2年目以降は条件をクリアすると無料になる

三井住友VISAクラシックカードはネットから申し込みをすると、年会費が初年度無料になります。

さらに、ある条件を満たせば2年目以降も年会費無料で利用していくことができますよ。

それはどのような条件かというと、次のようになります。

条件その1.マイ・ペイすリボに登録をする

条件その2.期間内にカードを1回以上利用する

※翌年以降も年会費を無料にするには300万円以上のカード利用が必要。

また、その他にも年会費を安く抑える方法があるのでご紹介しておきますね。

カードの利用代金をWEB明細で確認する⇒年会費750(税抜)

前年のカード利用額が100万~300万円未満⇒年会費625(税抜)

このように、利用額の注意点はありますが実質無料でカードを持ち続けていくことができますよ。

 カードに自分の顔写真を追加することができる

三井住友VISAクラシックカードは、カードの裏面に顔写真を掲載することができます。

※これはVISA限定となっているので注意しましょう。

カードに顔写真が付いていることで、万が一カードを紛失してしまったり、カードを盗まれてしまっても不正に利用される確率を下げることができますよ。

ただし顔写真付きのカードを入手するには、一度カードを発行した後に写真取替申込書で手続きをしなければいけません。

無事に手続きを済ませると顔写真有りのカードを発行してもらうことができますよ。

 ポイントUPモールを利用すると最大20倍のポイントがもらえる

三井住友VISAクラシックカードの会員になると、ポイントUPモールを利用できるようになります。

そしてこのポイントUPモールを経由してカードを利用すると、最大で20倍のポイントを付与してもらうことができますよ。

中には大手通販サイトの楽天市場やAmazonもあり、通常の2倍にあたるポイントをゲットすることができます。

これらのことから、三井住友VISAクラシックカードは通販でショッピングをしてもお得にポイントを貯めていくことが可能ですよ。

 ココイコに来店する前にエントリーすることでポイントが最大18倍になる

三井住友VISAクラシックカードを持っていると、ココイコというサイトも利用することができます。

ココイコを利用すると、通販ではない実際の店舗でもお得に買い物をすることができますよ。

なぜなら事前にエントリーをしておくと、カードの利用でボーナスポイントをもらうことができるからです。

対象の店舗にはデパートやカラオケボックスなどがあるので、ココイコを活用してポイントを効率よく貯めてみてくださいね。

 三井住友VISAクラシックカードの審査は通りやすい?

では、ここからは三井住友VISAクラシックカードの審査についてお伝えしていきます。

審査の厳しさがどんな感じなのか気になっている方はぜひチェックしてみてください。

 審査難易度は普通

三井住友が発行しているカードの審査難易度は厳しい印象がありますが、三井住友VISAクラシックカードは審査があまり厳しくないようです。

ですから年収や勤続年数などに大きな問題がなければ、審査に合格できる確率はとても高いです。

しかし、過去にカードを利用している間に滞納などをしていた場合は審査に落ちてしまう可能性があるので注意しましょう。

 三井住友VISAクラシックカードの審査基準

三井住友VISAクラシックカードの審査基準は、高校生を除く満18歳以上の方となっています。

年齢以外の条件がほとんど無いので、主婦やアルバイトの方でも申し込みやすくなっていますよ。

 当日のうちに審査結果が分かる

審査結果の通知は申し込み後から最短当日となっています。

審査の合否がはやめに分かるので、カードの発行も最短3日で行うことができますよ。

 三井住友VISAクラシックカードとクラシックカードAの違い

最後に、三井住友VISAクラシックカードと三井住友VISAクラシックカードAの違いについてご説明していきますね。

2つにはどんな違いがあるのか見ていきましょう。

三井住友VISAクラシックカードの違いに関して、下記サイトを参考に執筆しております。

三井住友VISAカード|マルクレ|クレジットカードの困ったを解決!

 年会費は三井住友VISAクラシックカードAの方が高い

三井住友VISAクラシックカードと三井住友VISAクラシックカードAはどちらも初年度無料となっていますが、2年目以降になると年会費の高さが変わってきます。

翌年以降の年会費は三井住友VISAクラシックカードが1,250(税抜)で、三井住友VISAクラシックカードA1,500(税抜)となっていますよ。

では、なぜ年会費が違うのかさらに掘り下げていってみましょう。

 三井住友VISAクラシックカードAは通常の海外旅行傷害保険の進化版

年会費が違う理由、それは付帯保険の旅行傷害保険にありました。

それぞれの旅行傷害保険は以下のようになっています。

カードの種類 三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカードA
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険 海外/国内旅行傷害保険
保険の補償額 最高2,000万円 最高2500万円

三井住友VISAクラシックカードは海外旅行傷害保険のみで、三井住友VISAクラシックカードAには国内の旅行傷害保険が追加されています。

また、補償額は三井住友VISAクラシックカードAの方が500万円高いことが分かりました。

旅行をよくする方であれば海外と国内両方の旅行傷害保険が付いている三井住友VISAクラシックカードAを持つのも良さそうな気がしますね。

自分の目的に合わせて好きな方のカードを選んでみましょう。

 まとめ

三井住友VISAクラシックカードについては少しでも知っていただけましたか?

冒頭でもご紹介した通り、三井住友VISAクラシックカードにはたくさんの特典がありますよ。

また、審査もそこまで厳しいわけではなく、年収の低い方でも申し込むことができます。

三井住友VISAクラシックカードを持ってサービスや特典を上手に活用しちゃいましょう。